三つのタイプの草花の本

 えほんおじさんです。

 「いい季節になったなあ」と庭の草花を眺めていましたら、
ふと気づくとあたりの地面は草が覆っています。
「ああ、またこれから草取りに追われるのだなあ」、
とにかく草は目を離すとあっという間に大きくなって
いるんですよね。

 そんな思いを抱きながら、草たちをいちいちみて見ると中には
小さな花ながらとても綺麗なものもあります。ところがその名前が
わからないのが多いことに気づかされました。こんな「爺じ」に
なってしまっているのに、またほとんど毎年見ているのにです。

 それで考えました。
草取りだけではすぐ嫌になってしまうので、
その草たちの名前を覚えてやろうと思い立ちました。
またそういえば、朝の散歩で孫によく草の名前を聞かれるのですが、
今まではなんとなくごまかしていましたが、
かっこよく名前を答えてやろうとも思った次第。

 それで、写真図鑑・絵本図鑑やネット図鑑と現物と見比べながら、
覚えようとするのですが、年のせいもあるのでしょう、なかなか
覚えられません。写真図鑑というのはあまり役に立たないのでは
ないかと思い始めました。特に草の写真を羅列するタイプのは
ほとんど頭に残らないないですね。
そこで、気づいたのは三つのタイプの草花の本が、
記憶に刻まれ易いのでした。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

1)絵本タイプの草花図鑑
 「絵」には、写真にはない力があるということ。
特に優れた絵本の場合、画家の「草」を見る目が鋭く反映しており、
その草の特徴を覚えやすいよう姿形に捉え、
絵にする力が大きく寄与するのではないかと思われます。

2)少数に絞った草花の生態そのものを丸ごと絵にするタイプ
 その草花の一つ一つの生態が絵本化されており、
見る側にとっては「驚き」がそこには存在する。
それゆえ、生態ごと名前が覚えられます。
 例えばカタバミなどは、
●ハートの はっぱ かたばみ

 という絵本に出会わなければ、その名前を覚えることは
できなかったでしょうし、気にとめる事もなかったでしょう。
実際、目の前のいつでもそこにあるのに何十年も知りませんでした。

 あるいは、
●ちょうちょ はやく こないかな

のような、小さな花とちょうちょの蜜をめぐるドラマを描いた
絵本に出会わなけば、「オオイヌノフグリ」などは、せいぜい
変な名前だなと記憶されるだけでした。

3)意外だったのは、刺繍で描かれた科学絵本が名前を覚える
のに、記憶に刻まれるのに大いに役立ったことです。

●ざっそうの名前

●ぼくの草のなまえ

 もちろん、それには、おじいちゃんと太郎の交流が描かれて
いるから、草花の名前も心に刻まれやすかったのでしょうが、
それだけではなく、刺繍が草花の特徴を捉えるのにとても良い
といえるのではないかと思いました。

 そんなこんなで、私が最近に覚えた(実際の草花を見れば
すぐ名前が言える)のは、下記の草花です。少しは覚えたかな。
ただし、誰でも知っている(子どもの頃からそれで遊んだ草花ー
スミレやタンポポ、猫じゃらし、すかんぽ、オオバコ、ナズナ、
シロツメグサなどはのぞく。ただし、常識として知っているが
スミレのように、その生態(2タイプの本で知ったり)を
観察したりすると、改めてその生き方のすごさに驚かされる)
「カタバミ」「ヒメジョオン」「ハルジオン」「ハコベ」
「ナガミヒナゲシ」「ハハコグサ」「ホトケノザ」
「カラスノエンドウ」「スズメノテッポウ」「ノゲシ」など。

◎関連図書
●ざっそう 甲斐 信枝 文・絵
必死で生きる雑草の姿を優しく鋭く描いた絵本

●雑草のくらし あき地の五年間 甲斐 信枝 作
比類なく美しくドラマにみちた科学絵本。

●すみれとあり 矢間 芳子 作 / 森田 竜義 監修
小さな植物と昆虫の不思議な協力関係を見つけたときの驚き

●たんぽぽ 平山 和子 文・絵 / 北村 四郎 監修
タンポポの生態のふしぎさ、そのたくましさ

●のげしとおひさま 甲斐 信枝 作
のげしは朝がくるたびにはなびらをいっぱいに広げ、
おひさまの光をすいこむのでした





知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "三つのタイプの草花の本"

このエントリーのトラックバックURL: 

"三つのタイプの草花の本"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "三つのタイプの草花の本"

"三つのタイプの草花の本"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:三つのタイプの草花の本」ページトップへ。