読み聞かせの仕方(実際)T

 えほんおじさんです。


 「読み聞かせの意味」について、断続的に10回ほど連載を
行なってきました。その中で「読み聞かせ」が、いかに10歳
ぐらいまでの子どもにとって、欠かすことのできないもので
あるかがお分かり頂いたのではないかと思います。

 そこで、今回は実際に「読み聞かせ」をやっていく上で、
そのやり方における大事な点を見ていきます。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

読み聞かせの仕方(実際)T

1)持ち方・読み方について
2)絵本は「めくり」、紙芝居は「抜くこと」
   右びらきと左びらきの絵本

《今回は、ここまで「読み聞かせの仕方(実際)U》

3)絵本の種類と読み聞かせの仕方(参加型絵本と物語絵本)
4)年齢別読み聞かせの実践(かなり幅があります)


 「読み聞かせの仕方」において最も大事なこと、
忘れてはならないことは、
「1 絵本は大人が読んであげるもの、子どもが自分で
   読むものではないということ」です。

 優れた絵本は、そのように作られているということです。
また読み聞かせは、「耳から(読んでもらう)立派な読書」
だということなのです。


◎絵本の持ち方
 このような基本的なことから「読み聞かせの仕方」は決まって
きます。「読み聞かせ時の絵本のもち方」は、読者(聞いている
子ども)に、「絵がよく見える」ようにしてあげることが最も大事
です。なぜなら、「優れた絵本とは絵が物語ってること」ですから、
絵が読み取れなければ読み聞かせにはなりません。

 絵本の見開き部分をいずれかの手で持って、絵本を支えます。
で、もう一方の手でめくっていきます。めくり方は以下のこと参照。

 読み聞かせには、「少人数・個人」と「集団読み聞かせ」が
ありますが、考え方は同じです。読み手は聞き手(子ども)の
一人ひとりに絵を見せなければなりません。特に集団の場合は
配慮が必要です。一人二人の場合は、読み手と聞き手が絵本を
対面に並んで見るのもいいし、寝る前ならば、寝床に横に並んで、
一緒に上向きで読んでもかまいません。ただし「めくり」に注意が
必要です。

 「読み聞かせの意味」に「2 心の安心・安定」と、
読んでもらうことにより「3 喜び」がありますが、
この意味からいえば、一日の締めくくり(寝る前)に絵本を読む
ことは、とてもいいことです。できれば、寝る前の読み聞かせを
習慣にしましょう。


◎絵本の読み方
 速さについては、「ゆっくり」です。遅いと感じるくらいで、
文節(絵本はわかち書きで書かれていますから、そこ)のところで
区切って読むこと。声色はできるかぎり使わないで、
でも心は込めて。理由はいずれも「絵」が凝視できる速さである
こと視そしてできるだけ読み手は「黒子」になるのがいいでしょう。
凝視の邪魔にならないこと。


◎読み聞かせの仕方(2)
◆絵本は「めくり」、紙芝居は「抜くこと」
読み方・めくり方は、絵本のメディアとしての特徴や成り立ちに
規定されています。
絵本文化の形態としての特徴は、片一方(上下もあり)が
綴じられているということです。このことは、次の場面へは
「めくって」いくことになります。このことは表現する上である
可能性を秘めていくことになります。物語の典型的な表現法である
「起承転結」に、絵本は多くの場合「めくり」が利用されています。
とりわけ「転」の部分の「めくり」は、「素早く」めくることに
よって、そこに「めくり」効果が生まれます。

 このことは、「紙芝居」と比較すればよくわかります。
片方が綴じられていないということだけで、文化メディアとしては
決定的な違いが生まれます。「紙芝居」は文化メディアとしては、
「芝居」に近く、一枚一枚の絵の表現法は、「劇的」であって、
劇場内に世界が生まれ、観客と共有空間が生まれます。
「紙芝居」の一枚絵が抜かれる(揺らしながら抜く、劇的に抜く、
半分だけ抜く)時には、芝居的な演出が必要で、より劇的である
必要があります。ですから「紙芝居」の文体は、「脚本」であって、
演出(演じ方)が前提の声の出し方になります。
 これに対し、絵本の表現世界は「文学」に近く、読者は
表現された世界(絵)の中に、すなわち「本」の中に吸い込まれ
ます。絵本は「芝居」ではありませんから、できる限り演出は
排除され、読者がその世界に行く際の邪魔にならない方が
望ましいことになります。ですから同じように読み方・声の出し方
も芝居の持つ大げささではなく抑えられることになります。

◆右びらきと左びらきの絵本
 日本の絵本には、二種類の開き方があります。
これは絵本の文章が縦書きか横書きかによって違ってきます。
 もともと日本語文字は「縦書き」でした。文字を読んだ直後から
その文字によって表現された世界はイメージされていきますから、
縦書き絵本の場合、絵本世界は「左側に」にできていきます。
ですから物語は「左に、左に」進んでいくことになります。
ここで綴じられていて、「めくり」によって世界は切り替わる
のですが、縦書き場合、描き手の「眼」はどうしても縦方向に
動くことになり、見開きページ全面が世界の限界となりがちです。
ですから縦書き絵本では、普通に「めくって」も表現世界は、
奥行き方向の世界が実現します。日本の伝統表現である「絵巻物」
は、同じく縦書きですが、「綴じられていない」ことで、物語は
横に進行する条件を獲得しています。
縦書き絵本には「昔ばなし絵本」が非常に多くあります。
とりわけ、「ここではない向こうの世界」が上下方向にある
場合に、縦書き絵本が表現として適していることになるでしょう。

 「横書き絵本」は1966年になって初めて日本に登場しました。

『とらっく とらっく とらっく
 渡辺 茂男 作 / 山本 忠敬 絵 福音館書店』
です。日本の印刷文字を横書きにした初めての本です。
その意味では日本の印刷文字を根底から変えた本です。
現在では、教科書においても、「国語」を除いて自然科学系の
ほとんどの文字が「横書き」となりました。

 では、何が根底から変わったのでしょう。
画期的なのは、日本の本が「横にスムーズに進行する世界や物語」
を獲得したことです。「絵巻物」はその表現法を持っていたの
ですが、書籍文化(綴じる)によって、そのような世界が千年近く
失われていたました。それをこの文字組によって失われた表現法を
復活させることができたと言ってもいいでしょう。
 これによって、表現は横に広がる世界を獲得しました。
例えば、「旅」「冒険」「水平線や地平線」「心の横への広がり」
の表現法を獲得したのです。ですから「綴じられた本」世界からの
「めくり」の塀が低くなったのです。
 ということは「読み方・声の出し方」「めくりの仕方」に
おいても、よりスムーズな展開となり、広い世界(現実にも、
心の中でも)を読者は体験できるようになったのでした。
ですから読み方もこれに影響を受けます。
よりスムーズな読み方が必要ととなったのです。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "読み聞かせの仕方(実際)T"

このエントリーのトラックバックURL: 

"読み聞かせの仕方(実際)T"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "読み聞かせの仕方(実際)T"

"読み聞かせの仕方(実際)T"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:読み聞かせの仕方(実際)T」ページトップへ。