生命力


 えほんおじさんです。


 絵本を読むと、「泣く子も黙る」とか、「読むと元気になる」とか、
そういった直接的な効果があることにお気づきでしょう。
 それらは結局、「生命力」を、絵本が引き出して
くれているのだと私は思っています。

 それらの「生命力」は今月のこどものとも0.1.2の、
お母さんについていく無邪気さや、かがくのともが
取り出した「もやし」にも見ることができます。

 「もやし」は、「もやしっ子」などとひょろひょろとした、
ひよわな子どもなどをいう語に使われたりしますが、
たとえ「ヒョロヒョロ」としていても、「もやし」は「萌やす」
(発芽させる意) に由来しています。
 それは「生命力」そのものの発芽を意味しており、実際には
それほどひ弱ではありません。この絵本をそこも十分捉えています。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも0.1.2.  2018年5月号
「ちゅうちゅう ちゅちゅちゅ」村田エミコ/文・絵


◎作者紹介
村田エミコ 1969年、東京都生まれ。
絵本に「つぎ とまります」「くまとうさんのさかなつり」
「びよよよーん」「フーちゃん みなかった?」「ぼくのくつした」
「ももちゃんの おみせたんけん」
などの作品がある。

◎ストーリー紹介
 ねずみさんが「ちゅうちゅう」といいながらはしっていきます。
そのあとを「ちゅちゅちゅちゅ」と、ついてくこねずみたち。
ぶたさんの後には「ぶ ぶ ぶ ぶ ぶ」と、魚の後には「ぷ ぷ ぷ ぷ ぷ」。
 子どもたちは親のあとを楽しそうに追いかけます。
やや! たぬきさんも子どもたちをつれてすすんでいきますよ。

◎絵本の特徴
 「ちゅうちゅう ねずみさん ちゅちゅちゅちゅちゅ」
「ぶうぶうぶたさん ぶぶぶぶぶ」と、リズムの良い音で
読みやすい赤ちゃん絵本。作者は、ユーモラスでおおらか、
可愛らしい絵が特徴の木版画の絵本をたくさん描いて
いらっしゃいます。
 赤ちゃんははっきりした色や形を好む傾向にあります。
それはまだ視力というものが安定していないこと、また、
言葉を持っていないことが一因だと言われています。
赤ちゃんが世界をどんなふうにとらえているのか、
もうすでに赤ちゃんではなくなってしまった私が体験することは
できませんが、わが子二人を見ていてもその傾向を強く感じました。

 この絵本はそんな時期の子にぴったり。はっきりした線で
描かれた動物たちが赤ちゃんの興味をそそることと思います。
言葉の心地よい擬音語も赤ちゃんが好きな要素ですね。
赤ちゃんと一緒に、楽しみながら読んでいただける絵本です。

◎子どもの反応
 もうじき1年生になる上の子に読みました。
次のページの言葉を想像しながら、2年生なりの楽しみ方をしていました。

◎読み手の感想
 村田さんの作品は明るくていいですね。
「明るさ」というのは子ども時代に、それも幼ければ幼いほど
必要不可欠な要素なんじゃないかと思います。
人の成長には段階があって、まずはこの世に生まれてきたことの
喜びや安心感を感じることから始まるのが一番ではないでしょうか。
それが心の中に豊かな大地をつくります。その豊かな大地さえ
作ることができたら、あとは何があっても大丈夫なんじゃないか
とも思えます。絵本は、その大地に植え付けられる種だったり、
水だったり、光だったりします。大地を作るのは子どもたち自身
の生命力ですから、私たち大人にはその大地に栄養を与えます。
 そもそもの土の状態は子どもによって違いはあるのでしょうが、
どんな土でもその中に生命をはらんでいます。村田さんの作品は
降り注ぐ明るい光のようなものですね。光は伸びていく方向を
指し示していたりもします。


◆かがくのとも 2018年5月号
「もやし」野坂勇作/作


◎作者紹介
野坂勇作 島根県松江市生まれ、広島育ち。
多摩美術大学中退後に佐渡島で農家に住み込みで働くという体験
などを経て、現在は鳥取県の米子在住。
絵本に「しもばしら」「どろだんご」たなかよしゆき/ぶん
「うたえブルートレイン」柴田晋吾/作 金の星社
「あしたのてんきははれ?くもり?あめ? おてんきかんさつえほん」
「ふゆのあらし」「まりになったおつきさん」「ゆきまくり」「でんちゅう」
など多数。

◎ストーリー紹介
 お昼のラーメンにたくさんはいっていたもやし。
よくみると殻のようなものがついています。なんでしょう?
 もやしについていたのは、緑豆という豆の殻。この豆がもやしに
なるのです。では、この豆からもやしをそだててみましょうか。
豆のはいった器にふたをしてまいにち三回、水をふきかけます。
一週間たつと…、ふたをもちあげるほど元気に育ったもやしが
できました。さあ、もっとくわしくもやしのことをみてみましょう。

◎絵本の特徴
 もやし。食べたことのないという方はほとんどいらっしゃらない
のではないかというくらいポピュラーな野菜です。スーパーでも、
破格の値段で売られたりしていてお財布に優しい。歯ごたえも
シャキシャキしていておいしいし、独特の風味もたまりません。

そのもやしが、どうやってできているか、皆さんは知っていますか?
 もしかすると子どものころに理科の実験なんかで育てた記憶の
ある方もいらっしゃるかもしれませんね。
 この絵本は、まずもやしを育ててみることからはじまります。
もやしは土や光がなくても育つので、ご家庭で試してみやすい
ですね。やりかたは詳しく絵本に書いてあるので、ご興味を
持たれた方はぜひやってみていただきたい。かくいう私も
まだやってみてないのでえらそうなことは言えませんが、
絵本を読みながら、やってみたくてうずうずしてしまいました。
 ほとんどの植物は、種を土に植えて水をやりながら育てるので、
土の中がどうなっているのか目の当たりにすることはできません。
でも。もやしなら種を破って出てくる種よりも太い芽をみることが
できます。植物の、いや生命の持っている驚くべきエネルギーに、
気軽に(?)立ち会える機会はそうそうありません。
 あと、私はこの絵本を読むまでもやしとは緑豆の芽のことを
言うのだと思っていたのですが、違うんですね。光の当たらない
ところで種や豆から出てくる芽はすべてもやしになるんだそうです。
こういう大人でも(私がもの知らずなのだとは思いますが)
知らないことを教えてくれる「かがくのとも」。
「読む→やってみる→また読む→より深く知る」という
サイクルで読むと、さらに素晴らしい読書体験になっていく
ことと思います。

◎子どもの反応
 読んだ後、もやしを育ててみよう、という話になりました。
わが子たちはもやしがあまり好きではないのですが、自分で
育てた野菜となるともやしに対する気持ちも変わってくるかも
しれない、なんて親としての期待もあります。絵本は楽しそうに
聞いていました。かがくのともが大好きなわが子たちです。

◎読み手の反応
 こんなにダイナミックに描かれたもやしを、わたしはみたことが
ありません。もやしと言えばどちらかというと脇役。ひょろ長く
細くて頼りなさげに見え、その上白いので絵に描くとなんだか
よくわからないものになってしまいそうです。エネルギッシュな
緑黄色野菜に比べ、描かれることすらほとんどない存在でしょう。
 作者の野坂勇作さんは、「どろだんご」
「あしたのてんきははれ?くもり?あめ?」などでもおなじみの
作家さんです。質感のリアルな、重ための絵を描かれることが
多かった印象ですが、最近は少し違う画風の絵も描かれていますね。
この「もやし」もそうです。おおらかで力強い黒の線で縁取られた
もやしや、その種の存在感。写実的な描写とは少し違った、
もやしの持つ秘めたエネルギーを具現化しているように見えます。
代わりにそれ以外のもの、人や容器や小物類は柔らかい鉛筆の
輪郭です。そのメリハリがもやしの存在をさらに強調し、読者に
インパクトを与えます。子どもたちになにをどう伝えるのか?
 ということに長年向き合ってこられた結果でしょうか。
たいへん面白く読ませていただきました。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "生命力"

このエントリーのトラックバックURL: 

"生命力"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "生命力"

"生命力"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:生命力」ページトップへ。