安心

 えほんおじさんです。

 「なかよし だあれ」は貼り絵で、くっきりとしているのに
優しい絵。「しりとり」も静かであたたかな視線が絵にあります。
どちらの絵本も、絵本にとって重要な要素である「安心」を絵に
描いたような絵本です。けばけばしい世の中に、ますます
必要となる絵本たちでしょう。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆0・1・2こどものとも 2018年6月号
「なかよし だあれ」みやまつともみ/作

◎作者紹介
みやまつともみ 1972年、神奈川県生まれ。
東邦大学理学部生物学科卒業。
絵本に「たべたいな」「のりたいな」「おなまえなあに」
などがある。

◎ストーリー紹介
「スプーンと いつも いっしょの なかよし だあれ?」
「おちゃわん! ごはんぱっくん おいしいな」
それから、「ぼうしと仲良しだあれ?」「シャベルは?」
「コップは?」

◎絵本の特徴
 黄色い傘の表紙。繊細な貼り絵で描かれた美しいグラデーションが
目を引きます。作者のみやまつさんは、「のりたいな」「たべたいな」
など、012のシリーズでよく見かける作家さんです。
 どの絵も小さな四角に切り取られた紙を貼り合わせて描かれて
います。例えば表紙の黄色い傘でも、実に多様な黄色が使われて
おり、ひとくちに黄色といってもその中にはたくさんの色があるん
だなあ、と思います。このような表現は子どもたちの心にも静かに
染み入っていくことでしょう。
 内容は子どもたちの身近にある、ものがテーマになっています。
いわゆる「ものの絵本」例えばスプーンならおちゃわんといっしょ
に使いますね。この絵本は、そんななかよしのペアがたくさん出て
きます。帽子、シャベル、コップにパジャマ。
 子どもたちと「なにかな?」と日常のシーンを手繰り寄せながら、
掛け合いをしても面白いかもしれません。絵本に出てくるペアは
ちょっと意外性があって面白いのですが、子どもたちの答えは
もっと意外性のあるものかもしれないですね。

◎子どもの反応
 なかよしだあれ? 遊びをしながらよみました。
たとえばコップとなかよしは水、シャベルは砂、という答えでした。
この絵本の法則とは違う法則ですが、面白いなあ、と思いました。

◎読み手の感想
 素敵な色使いに、うれしくなります。一色の色をたくさんの色を
使って描くやり方はよく見かけますが、貼り絵だとそれがさらに
はっきりしてこころをくすぐられます。黄色の中でもこの黄色が
特にきれいですき、とかこの黄色はレモンの色に似ているね、とか。
昨日食べたバナナの皮だね、とか。そんな会話をしながら読むのも
いいですね。「なかよしだあれ?」あそびも楽しかったですが、
「この色なあに?」遊びもきっと楽しい。
 この絵本は、色に対する感性を育む絵本だと思います。子どもの
ころに培った色の感性はきっと一生モノになることでしょう。
工業製品のはっきりした色使いの中にも素晴らしいものがあり
ますが、手描きだからこその柔らかさや繊細さも大切です。
「黄色」とか「赤」とか、ひとことであらわされる色の中にある
多様性。それを具現化できるのは絵ならではですね。言葉以前の
世界に住む子どもたちに、言葉より先にイメージのふくらみを
伝えられたら最高だな、と思います。

◆こどものとも 2018年6月号
「しりとり」安野光雅/作・絵


◎作者紹介
 安野光雅 1926年、島根県津和野町生まれ。
絵本界の大御所中の大御所。日本に4人しかいない
国際アンデルセン賞受賞者。美術にとどまらず、文学、数学など、
創作の分野は多岐にわたる。
絵本に「ふしぎなえ」「さかさま」「ふしぎなさーかす」
「もりのえほん」「はじめてであう数学の絵本1・2・3」
「あいうえおの絵本」「にほんご」「旅の絵本シリーズ」
など多数。

◎ストーリー紹介
 はじめのページの絵のなかからすきな絵をひとつえらんで
ください。その絵としりとりができる絵を一枚めくってつぎの
ページからさがしてください。あさひ、ひしもち……おしりが
「ん」になったらおしまいです。あれ、最後のページまで
読んでも「ん」にならない? そんなひとは、最初のページに
戻ると続きができますよ。

◎絵本の特徴
 タイトルのとおり、しりとりの絵本です。作者は、皆さん
ご存知かとは思いますが安野光雅さん。日本の絵本界の生みの親の
ひとり。日本を代表する絵本作家。知らないという方も、どこかで
この絵に出会っているかもしれません。どの絵本も緻密な描写と、
色使い、画面の配置にいたるまですべてが美しく、完成されて
います。

 今回の、この絵本も非常に美しい絵本で、絵を眺めている
だけでもうっとりとしてしまいますが、もちろん子どもたちと
しりとり遊びをしながら読むのが一番面白いでしょう。
ページごとに絵をたどっていくと、おなじ文字、たとえば
「き」がつく言葉がふたつあったりもします。どちらを選んでも、
またひとつの言葉にたどりついたりするのも楽しい。
そして、最後のページにたどり着かない言葉もあり、そういうときは
最初のページに戻ってまた言葉を探していくというようなゲーム的
要素もあったりして、長い時間遊ぶことができる絵本です。
そもそもしりとりというのは、「ん」がつくと負けなゲームです
から、「ん」で終われなかったからといってくやしがることはない。
でも最後のページの「ん」まですんなりたどり着けたという
よろこびもあったり。なかなか奥深い絵本ですね。
 水彩で描かれた絵は、どこか牧歌的なやさしさとおおらかさを
はらんでいます。長年絵を描かれてきた作家さんならではの
「抜け」のようなものが絵の中にあるのが良いですね。


◎子どもの反応
 もちろんしりとり遊びをしながら読みました。
兄弟で、発見する喜びを味わっていました。

◎読み手の感想
 安野さんの絵は、日本的な色使いのようでもあり、どこか外国の
美しい場所の色使いのようでもあり、いつも不思議な気持ちに
させられます。特に激しいデフォルメをしているわけでもなく、
ビビットな色を使っているわけでもないのに安野さんの絵は
いつどこで見ても安野さんの絵だということが分かる。すごいこと
だなあ、と思ってしまいます。私が子どものころにはもうすでに
たくさん絵本を描いていらっしゃったので、わたしにとっても
なじみ深い作家さんです。子どもごころにも安野さんの絵は美しく、
細かいところまで眺めて楽しんでいたという記憶があります。
細部に至るまで緻密に描いていらっしゃるので、隅っこのほうを
見ても楽しいんですね。
 対象との距離感にも安野さんの独特さがあるような気がします。
少しだけ距離はあるけれど、心は寄せている。と、私は感じます。
読むほうは、その心のほうにぐっと引き寄せられて読むので、
安野さんの視線を強く感じることができる。その静かであたたかな
視線に安心します。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "安心"

このエントリーのトラックバックURL: 

"安心"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "安心"

"安心"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:安心」ページトップへ。