驚き2

 えほんおじさんです。


 前号759号に、
「描かれた世界の中に【驚き】のない絵本は、絵本とは言えません」
と書きました。今週紹介の2冊とも、まさに「驚き」の絵本です。

1)年少版こどものとも 2018年8月号
 「トラックたちが荷物をおろすと……、思いもかけないものが!」

2)水族館にお医者さんがいることにも驚きましたが、
 「毒針に刺されないようにエイに注射、ちいさな
  タツノオトシゴにも注射する」のだそうです。
いったいどうやってするのでしょうか?


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆年少版こどものとも 2018年8月号
「ゴトガタ トラック」古賀充/作

◎作者紹介
古賀充
 
1980年、神奈川県生まれ。造形作家。
絵本に「いしころ とことこ」「ピーン」などがある。

◎ストーリー紹介
 ゴトガタ ゴトガタ プップー。
緑、青、赤……いろいろな色のトラックが走っていきます。
くねくね道を走り、トンネルを通り抜け、さあ、到着しました。
トラックたちが荷物をおろすと……、思いもかけないものが!

◎絵本の特徴
 表紙には洗練された形のトラックが並んでいます。
淡くやさしい色合いの木でできたおもちゃのトラックです。
なにを運んでいるのでしょうか?
 最初の画面にはいっぽんの道に、1台のトラックがはしっています。
ページをめくると、もう2台。いろんな道が合流して、トラックは
どんどん増えていきます。道とトラックだけ描かれたシンプルな
構成。少しづつ違うトラックのデザインに見入ってしまいます。
シンプルな構成だからこそ、トラックそのものに焦点が当てられて、
一つ一つの違いがはっきりと見えてくるんですね。それは、終盤の
画面につながる伏線として大きな効果をもたらしています。

 トラックの荷物は、ビルや家などの建物です。最初から
うすうすそうなんじゃないかと思って読んでいる方も多いとは
思うのですが、すべての荷物が下ろされて一つの街が出来上がる、
という結末は壮観ですし、見事だと思います。

 荷物の段階で、デザインのひとつだと思われていた斜めの線
なんかが、家の屋根の形だったりするのにもはっとさせられます。
作品を描かれた古賀充さんは以前の「ピーン」という絵本でも驚か
されましたが、今回もやはり驚いてしまいました。
すばらしい構成力を持った作家さんですね。短い絵本の中に、
その先の大きな物語を感じます。

◎子どもの反応
 どのトラックからどの荷物が下ろされて、どんなかたちに
なったのか、を見比べながら楽しんでいました。

◎読み手の感想
 美しい色合いが素敵です。これだけシンプルな絵本なのに
スケールの大きさを感じてため息が出ました。
 最初はなんとなく、かわいい絵本だな、くらいにしか思って
いなかったのですが、ページをめくるたびに意外性を発見できて
面白かったです。こどもたちも、最初のページに戻ってもう一度
確認しながら読んでいたので、いろんな話をしながら読めて、
その点でもいい絵本だなあ、と思いました。
 トラックの荷物は、もちろん最初からビルに似ているなあ
なんて言いながら読んでいたのですが、斜めの線が入った
トラックが何台か出てきたことで、デザインの一部なんだろうな、
とすっかり騙されておりました。まさか、街が一つあっという
間に出来上がってしまうなんて!!ほんとうにびっくりしました。


◆かがくのとも 2018年8月号
「すいぞくかんの おいしゃさん」大塚 美加/ぶん 齋藤 槙/え

◎作家紹介
 ・大塚 美加 いおワールドかごしま水族館獣医師。
  1996年より獣医師として生き物たちの健康管理、飼育展示、
  企画営業などの仕事にかかわる。
 ・画家 齋藤 槙 1981年生まれ、武蔵野美術大学造形学部
  日本画学科卒業。
  絵本に傑作「ぺんぎんたいそう」「ながーいはなでどうするの」
  「虹色いきもの図鑑」。

◎ストーリー紹介
 「おはよう!」朝、まだお客さんのいない水族館に声がひびき
ました。水族館のお医者さんです。お医者さんは、生き物たちの
ようすをみてまわります。見回りがおわると、えさの準備や、
イルカのショーにでたり、水槽のそうじをしたり。病気をなおす
ことだけがお医者さんの仕事ではありません。もちろん、病気の
生き物のの治療もします。元気のないマダラエイに注射。
ジンベイザメのうんちの検査。小さなタツノオトシゴの治療も
します。いったいどうやって診察し治療するのでしょうか!?

◎絵本の特徴
 動物のお医者さんの絵本は読んだことがある方もたくさん
いらっしゃると思います。でも、水族館のお医者さんの話は
どうでしょうか? あまり読んだことがないのでは?
 なんと8月の「かがくのとも」はそんな謎に包まれた水族館の
お医者さんのお話です。
 水の中に住んでいる生き物ももちろん病気になります。
どうやって治療するのでしょう? そもそも治療なんてできるの
だろうか? と、思っていらっしゃる方は私だけではないはず…!
 文章を書かれた大塚さんは、実際に水族館でお医者様をされて
います。文章を読むと、お仕事のリアリティがひしひしと伝わって
きます。治療だけがお仕事ではなく、エサをつくったり、イルカの
ショーにでたりもされるとのこと…!!
 もちろんお医者様として治療にもあたられます。水槽に潜って、
毒針に刺されないようにエイに注射、ちいさなタツノオトシゴにも
注射。色々なことをされているんですね…。子どもたちだけでなく
大人たちもうなってしまうこと間違いなしです。
 絵を描かれたのは「ぺんぎんたいそう」でもおなじみの齋藤槙
さん。可愛らしくデフォルメされている部分と、リアルに描かれて
いる部分の融合に違和感がなく調和しています。色合いは柔らかく、
繊細な表現。縁取りの線は薄いのですが、色のコントラストで形は
くっきりしています。画面の構成も色々なパターンで描き分け
られていて飽きません。美しい絵にうっとりしますね。

◎子どもの反応
 大好きな水族館にテンションが上がっていました。
ひとつひとつの画面を食い入るように眺めていました。

◎読み手の感想
 舞台になった水族館は鹿児島のいおワールドだそうです。
7年前まで近くに住んでいたので、ほぼ毎日のように通っていた
時期があります。大きな水槽もあり、子どもたちがゆっくりと
遊べる場所もあり、本当に楽しい水族館でした。このお話を
書かれた獣医さんともきっとすれ違ったことがあるんだろうな…。
知っている場所が絵本になっていると胸が熱くなります!
 しかもこんなに美しい絵で表現されているとさらに嬉しく
なりますね。
 子どものころ、「どうぶつえんのおいしゃさん」という絵本が
大好きでした。大好きな場所の普段見ることのできないお仕事の
裏側を見ることができるってワクワクしますよね。この絵本も、
きっとこどもたちの心に残る絵本になることでしょう。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "驚き2"

このエントリーのトラックバックURL: 

"驚き2"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "驚き2"

"驚き2"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:驚き2」ページトップへ。