言葉と物語

 えほんおじさんです。


 良くも悪くも「言葉と物語」は、心の中に秩序を生み出します。
そのことを裏返すと「想像力」の働きの余地が少なくなるという
面ができてきます。ですから多くのメディアには「語りすぎる」
「イメージのおしつけ」=説明のしすぎという問題が出てきます。

 その点絵本には絵と絵、ページとページの間、言葉と絵の間に、
想像力発動を促す隙間がたくさんあります。そして絵本が静止画
であることによって、そこにいくらでも立ち止まることが可能\
ですから、余計に「説明」が必要ではなくなります。
 最低の「言葉」さえあれば、作品世界で大いに体験できます。
ただし、「物語る絵」があることが条件になっています。

 その意味では、今月紹介する
●年中版 こどものとも2018年8月号
 「ぱたぱた するする がしーん」

 には、「ぱたぱた するする がしーん」という文章しか
ありません。不思議なヘリコプターがぴったり合うものを次々に
つり上げて、どこかへ飛んでいきます。(どこかは裏表紙に
ヒントがあるような気がします)。最低限の言葉と不思議な
(大きさという概念が成立していない世界)ヘリコプターが
活躍します。一体どういう「世界」の出来事なのでしょう。
想像はどんどん膨らみます。

 もう一冊ご紹介する
●こどものとも0・1・2 2018年8月号
 「でんしゃがくるかな?」

は赤ちゃん絵本で、「言葉」は「くるかなくるかな」「きたー」
「ばいばーい」「のりまーす」しかありません。それだけで次に
くるものは何だろうという想像を大いに誘発する絵本となって
います。

 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも0・1・2 2018年8月号
「でんしゃがくるかな?」

◎作者紹介
きくち ちき
 1975年 北海道生まれ。画家、絵本作家。
2013年ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)にて
『しろねこくろねこ』が金のりんご賞を受賞する。
作品に「こなやのこねこ」「もじもじこぶくん」
「ぼくだよ ぼくだよ」がある。

◎ストーリー紹介
 「くるかなくるかな?」どうぶつたちが、なにかをまっています。
「きたー!」赤い電車がきました。みんなで電車をみおくります。
また、「くるかな? またくるかな?」まっているどうぶつたち。
「きたきたー!」こんどは青い電車がやってきます。次は…
 
◎絵本の特徴
 筆でさっと描かれた動物たち。ユーモラスで可愛らしい表情に
思わずにっこり。使っているのは水彩絵の具でしょうか。にじみや
ボケが何とも言えない味わいです。
 線路や駅のホームにいると、目を輝かせて電車を待っている
子どもたちを見ることがあります。電車が来ると歓声。手を振って
見送る姿に、時々手を振り返してくれる運転手さんもいますね。
子どもたちにとって電車は憧れの存在なのでしょう。この絵本では、
そんな子どもたちの“電車が好き!”という気持ちをさらに盛り
上げることと思います。1ページ目で待っている動物たちは、
そわそわ。本当に電車がくるのかな? と少し心配しているよう
にも見えます。次のページで赤い電車が来た時、体中で喜びを
表現する子どもたち。

 シンプルな線でここまでの表現ができるのか! という
驚きすら感じます。電車が行ってしまってから、次の電車を
待っている子どもたち。さっきとは違う様子です。最初の
シーンのちょっと心配の入り混じる緊張ではなく、期待と
興奮を隣にいる動物同士で共有しています。
どんな会話をしているのかな? と想像してしまいますね。
奥行きや物語を感じる素晴らしい絵と、迫力のある展開。
電車が大好きな子どもたちと一緒に盛り上がりましょう。

◎子どもの反応
 下の子に読みました。
動物たちと一緒に「きたー!」と言って喜んでいました。

◎読み手の感想
 きくちちきさんのなんとも言えない脱力感のある絵が良いですね!
 手に取ってにやにやしてしまいました。下の子は、よく
おじいちゃんと散歩に出かけていき、電車を見て帰ってきます。
2歳くらいの頃は今よりももっと電車に興奮して帰ってきていた
ように思います。ただ通り過ぎるだけの電車なのに、子どもたちは
なにに引き付けられているのでしょうね。
電車が好きだから…と思って、電車に乗せると意外とそんなに
喜ばなかったり。電車に乗っているのにも関わらず
「電車に乗りたい!」と言ったりしていました。
電車の面白さは乗るよりも外から眺めることにあるのかも
しれません。
 大きな川のそばにある踏切で遮断機がしまってしまうと、
早く行きたい私は「あーあ…」だったりするのですが、
そこの踏切に引っかかることが子どもたちにとっては
大きな喜びだったことなんかを思い出しました。
長い貨物電車は、川の幅よりも長く延々と続きます。
目をきらきらと輝かせて見送る子どもたちの顔を見ていると、
踏切で待っている時間もなかなかいいものだな、と思ったり
しました。


◆年中版 こどものとも2018年8月号
「ぱたぱた するする がしーん」くりはらたかし/作

◎作者紹介
くりはらたかし 
 1977年、東京都生まれ。漫画、イラストレーション、絵本、
アニメーションなどを制作。
1999年マンガ「アナホルヒトビト」でデビュー。
主な著書に『ツノ病』『ラッキーボギー』(青林工藝舎)、
『みんなのひとり上手手帖』『冬のUFO・夏の怪獣』(ナナロク社)、
絵本『むしめがねのルーペちゃん』(アリス館)
「クリスマスがちかづくと」などがある。

◎ストーリー紹介
ちょっとふしぎなかたちのヘリコプターがとんでいます。ぱたぱた…。
ヘリコプターの下からは長いワイヤーロープがでています。
ロープをするするとまきあげると…。
「がしーん!」ヘリコプターの凹みのところに車が、ぴったりと
はまります。ロボットや家、十円玉もがしーん! ぴったり
合うものを次々につり上げてゆきます。


◎絵本の特徴
 現代的なセンスで描かれたユーモアたっぷりの絵本です。
何かが、何かにぴったり合わさる、って気持ちいいですよね。
パズルのような、積み木のような、「ぴったりはまる」快感の連続。
インターネット上には何かと何かが合わさる瞬間だけを集めた動画
なんかもよくあります。人の本能みたいなものなのでしょうか。
 この絵本に出てくるヘリコプターは真ん中の部分がへこんだ
特殊なカタチをしています。そこに、いろんなものがぴったりと
はまり込む。ひたすら、そのシーンばかりを描いています。言葉も
「ぱたぱたぱた するするする がしーん!」という3つの言葉
だけです。本当にシンプルですが、なぜかくすっと笑ってしまい
ます。シンプルで現代的で洗練されてはいるのですが、絶妙な
間抜けさが絵の中にある。q読者の心をつかんで離さないその
有機的な部分が、この絵本の最大の良さなのではないでしょうか。
 子どもたちとヘリコプターのへこみの形を見て、次何が登場する
のか想像して当てっこしたり、「ぱたぱた するする、がしーん」
ごっこをしても楽しいと思います。別紙の“絵本のたのしみ”に
おまけまんがや、ヘリコプターの中身の絵もあったりするので、
そちらもおみのがしなく!!

◎子どもの反応
 目を輝かせて聞いていました。がしーん!のところで
「がったーい!」とさけんだり、次は何がくるかな、と想像したり。
読んだ後も「ぱたぱたぱた」といいながら遊んでいました。

◎読み手の感想
 ピタゴラスイッチ的な絵本ですね。ここ10年くらいで、ずいぶん
そういう絵本も増えてきたように思います。ちょっとシュールで
笑えて、計算とその間の隙間と。こういう絵本ばかりになって
しまうと、多層性に欠けて逆に面白くなくなってしまうと思い
ますが、絵本の一つのジャンルとしてはすごく面白いので
この系譜が脈々と進化していってほしいなあ、と思います。
 この絵本を書かれたくりはらさんは私と同世代です。
今は、きっと次の世代の方々が、また新しい流れを生み出して
いることでしょう。私も読み手として年齢が上がってくると、
若い世代の方々のセンスについていけなくなるんじゃないだろうか…
と少し不安ではありますが、絵本の根底に流れる普遍性を信じて
読み続けたいと思います。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "言葉と物語"

このエントリーのトラックバックURL: 

"言葉と物語"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "言葉と物語"

"言葉と物語"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:言葉と物語」ページトップへ。