新刊絵本のご紹介

 えほんおじさんです。


 今週は、月刊誌の紹介をひと休みすることにして、
新刊絵本のご紹介をします。

「さくぴーとたろぼうのおはなし」
というおばけの絵本シリーズがあります。
このシリーズの最新刊「おばけのえんそく」が出版されました。

 このシリーズは、「おばけの家族の暮らし」をいずれも月刊誌で
最初に出版し、その後、次々に「ハードカバー版」として出版
されたものです。

 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

 現在ハードカバーは以下の通り。

1)「おばけかぞくのいちにち」
 夜、さきちゃんとたろうがなかなか寝ないので、
お母さんは「もう、お化けの時間よ」といいました。
そう、その時間、お化け家族は何をしているのでしょう?
 お化け家族の一日を描いた絵本。

2)「おばけのおつかい」
 おばけの「さくぴーとたろぽう」は二度もおつかいにでかけます。
一度目はおばあちゃんちに「クモの巣」を、二度目はむんぺー
おじさんちへ、きのこをとどけに。人間の生活とそっくりなよう
ですが、そこはやはりおばけ、昼夜逆転の日常生活がユーモラス。

3)「おばけのコックさん」
 「や、夜早くから ごくろう ごくろう」と言いながら入ってきた
のは、このレストラン「おばけてい」の親方、もくもくのけむりおばけ。
親方は「新しい特製スープ」を考案しました。
「親方、こいつあ、いけますぜ。のどがくるくる、
 ほっぺたがきゅっとします」
「よし、このスープの名前は、くるぽんきゅーだ」
さあ、開店です。

4)「おばけのたんけん」
 「さくぴーとたろぼう」は友だちのからかさおばけの兄妹と
洞窟探検することに。落とした下駄を探して、みんなで洞窟の中に
入っていきます。下駄は行っても行ってもなかなか見つかりません。
暗くて怖くてくじけそう。でも諦めずに探していくと、やっと
下駄が見つかりました、そしてそげたと一緒に見つけたものとは?
 洞窟探検だから縦長絵本。


 こんな風に、おばけの姉弟・さくぴーとたろぽうを中心に、
お父さん、お母さん、そして周辺の祖父・祖母、おじさん、
保育園の仲間たち、そしていく先々の友達たくさん登場します。
 そんなおばけたちのちょっと不思議な食べ物や暮らしを紹介
しつつ、主人公「さくぴーとたろぽう」は、ドキドキの体験や
嬉しいこと、怖いことに出会います。

 そして、この度「おばけのえんそく」が加わって、
合計5冊シリーズとなりました。
まずは、ここをお読みください。


「おばけかぞくについて」「おばけかぞくの本」「登場人物」


5)「おばけのえんそく」
 さて、今日はおばけ保育園の遠足です。闇シロップを集めながら、
みんなで夜空を飛んで行きます。浜辺に着くと、お鍋岩にシロップ
を入れて、おばけ風闇鍋作り。へそもち、毒キノコ、ぼちぼち豆
など、それぞれ持ってきたものを入れてみんなで食べます。
 最後は、海坊主の子どもたちも一緒になって、
昆布つなひきで盛り上がります。

 おばけの暮らしは、一見すると夜昼逆なだけで、保育園に
行ったり、おつかいしたり、レストランで誕生会したり、
たんけんしたり、遠足に行ったりと、私たちと変わりないようです。
ところが、「食生活」には、不思議な食べものが数々あって、
とても豊かなようです。聞いたこともない食べものがたくさん
あるのです。
 まず、おばけが大好物なのは「くものす」「ねじりはちみつ」
「きゅーに」人間には食べられない「どくきのこ」や「ほこり」、
そして「でっかめろん」に「おたんこぶなす」など、(おばけの
コックさん)

 「おばけのえんそく」は、「お鍋岩に闇シロップを入れた闇鍋」を
作って、みんなで食べるのです。闇シロップは橋の下の裏側にあり
ます。それは溶けやすいので急いで海岸にあるお鍋岩に入れ
とろとろにし、そこに「しゅわしゅわの波のあわ(海坊主にもらう)」
を入れます。それは闇鍋ですから、みんなが家から持ってきたものを
どんどん入れて煮ます。
 例えば、「はつか人参」「へそもち」「ぼちぼち豆」「がす」
「あなせんべい」「ブルーとうふ」など、不思議と言うか得体の
知れない食べものがどんどん登場します。

それにもともと「おばけ社会」のおはなしですから、読者にはどんな
「おばけ」がいるのだろうと思うはずです。そんな興味に想像を
超えたいろんな「おばけ」たちが登場してきます。

 「おばけのえんそく」では、保育園の先生の「ぷゆみ先生」は
夜露おばけで、「もくみ先生」は、ふかふかの煙おばけ。園児には、
たまちゃん(火の玉おばけ)、唐傘おばけ兄弟など有名なもの
ばかりではなく、姿が見えても名前が言えないおばけが何人も
います。また海の波の上に住んでいる「うみぼうず家族」も
おばけの仲間。えんそくに行くにはおばけですから、街の上を
飛んで行きますが、「空飛ぶじゅうたんに乗った人」や
「魔法のほうきの人」にぶつからないようにしなければなりません。

 また街にはあちこちにいろんなおばけがいます。
散歩おじさんおばけ、柳の木のしたで「歌うおばけ」「カッパ」
「松ぼっくりおばけ」「凧になるたこ」など。
 シリーズの他の絵本にも驚きのおばけたちが、
ごく普通に生活しているのがおばけ社会のようです。

 絵本が本当に面白いのは「絵を読む」ことですが、この絵本の
「おばけ社会」の隅々を読めば読むほど、そこがどんなに豊かで
楽しいところかがわかってきます。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "新刊絵本のご紹介"

このエントリーのトラックバックURL: 

"新刊絵本のご紹介"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "新刊絵本のご紹介"

"新刊絵本のご紹介"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:新刊絵本のご紹介」ページトップへ。