10月号紹介

 えほんおじさんです。


 赤ちゃんに存在感を示すには「正面性」が何より大切。

今月号の

●こどものとも0・1・2 2018年10月号「ぼくはいぬ」
 杜今日子/作

は、「僕は犬」「私は猫」「僕きつね」「私くま」と
堂々とまっすぐに赤ちゃんを見つめます。

 そして、

●こどものとも年中向き 2018年10月号「もりのブランコ」
 あかしのぶこ/さく

は、これぞ「遊び」の本質だ! という遊びの発生と展開を
描いた絵本。ちょっとしたきっかけさえあれば、
「遊びをせんとや生まれけん」とばかり、子どもは遊びを
生み出します。しかも、そんな遊びをしている子には、
「わたしもいれて」と他の子もよってきます。
だから遊びはよりダイナミックになっていくのですね。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも0・1・2 2018年10月号
「ぼくはいぬ」 杜今日子/作


◎対象年齢 0・1・2才向き
◎作者紹介 杜今日子(もりきょうこ)
 1964年、群馬県生まれ。武蔵野美術大学大学院日本画コース修了。
絵本に「おはながさいた」「かまきりかあさん」「あめぽっつん」
などがある。

◎ストーリー紹介
 「ぼくはいぬ」走っていたら誰かにあったよ。「きみだあれ?」
「わたしねこ」見あげると、木に誰かいる。「あなただあれ?」
「ぼくはとり」飛んでると誰かが見える。「きみだあれ?」

◎絵本の特徴
 触感の伝わる柔らかいタッチで描かれた赤ちゃん絵本。
正面を向く動物たちのまなざしが印象的です。子犬が猫に出会い、
猫は鳥に出会い、鳥はリス。リスはキツネとクマに出会います。
それぞれの行動範囲の中で出会う動物たちの設定にはリアリティが
あり、世界はそのように広がっていくのだな、と納得もします。
きっと赤ちゃんはそこまで認識しないと思いますが、そういう
ところをごまかして描かない真面目さに好感がもてます。

 デフォルメの匙加減もちょうどいいですね。毛並みの柔らかさや、
体温が伝わってきます。柔らかい、温かいものにくるまれて、
安心できる場所にいながら、少しづづ世界を知っていく。
赤ちゃんの成長にぴったりな絵本です。
 「目と目が合う」という正面性。この絵本は「僕は犬」「私は猫」
「僕 きつね」「私 熊」と、まっすぐこちらを見ることで、
その動物たちは存在感を示します。この正面性こそ自尊心の
始まりなのだと思います。

◎読み手の感想
 子どものころは猫を飼っていましたが、今は虫や魚を飼っています。
虫や魚だと、この絵本みたいにばっちり目が合うということは
ありません。カマキリとかなら目が合っている感じがすることが
ありますが。
 近所を歩いていて、猫に出会うことがあります。猫はじいっと
こっちを見て、動向をうかがっています。私はできるだけ敵意が
ないことを伝えようとするのですが、彼らはさっと身を
ひるがえしていってしまいます。
 動物どうしならどうなんでしょうね。この絵本に登場してくる
猫の目にあまりおびえが見られないのは、きっとしょっちゅう会う
犬で、危害を加えないことを知っているからなんでしょうね。
うちの近所の猫とも、こういうアイコンタクトをしてみたい
ものです。
 屋久島に行ったときに出会ったたくさんの鹿たちは、やはり
じっとこちらをうかがっていましたが、その目はひどく静か
でした。野生の動物の目は、感情を映さない気がします。
目は一つの器官としてそこにあり、人間のことも事象として
とらえているという感じがします。だから向かい合っていると
身体を超えて吸い込まれるような感覚をいつも味わいます。
犬や猫は、人と暮らしていくうちに人に近くなってきたん
でしょう。鳥は、人の近くに暮らしていますが、どこにでも
飛び立っていきます。この絵本で鳥は人の世界と野生の動物の
世界をつなぐ役割を担っていますが、そういう描き方になるほど〜、
と思ってしまいました。短い絵本ですが、スケールの大きな絵本ですね。

◆こどものとも年中向き 2018年10月号
「もりのブランコ」 あかしのぶこ/さく

◎対象年齢 4・5才向き
◎作者紹介 あかしのぶこ
 京都府生まれ。「ねむたいねむたいももんがたち」
「どろんこどろんこはるのみち」「ふぶきがやんだら」
「ももんがのふゆのおうち」「もりの みんなの やまぶどう」
「じーっと じっと」「ねむたい ねむたい ももんがたち」
など、ノンフィクション絵本はどれも傑作である。

◎ストーリー紹介
 秋の森は木の実がいっぱい。ヒメネズミがやまぶどうのつるを
のぼっていきます。つるのうえからからだをいっぱいにのばし、
おいしそうなこくわのみに手が届いたそのとき、ぷらん!
いきおいあまって一回転。「ぷらん ぷろん ぷるん」ゆれるゆれる
ブランコみたい。そこへやってきたのはゴジュウカラ。
「わたしもいれて」「うんいいよ」
二人で揺らせばもっと揺れる。そこへやってきたのはエゾリス。
「ぼくもいれて」さんにんだともっともっと揺れる。
そこへやってきたのは…。

◎絵本の特徴
 そろそろ、空気が冷たくなってきました。秋の気配がします。
赤や黄色に色づいて、息をのむほどに美しい森。そんな森の中で、
動物たちは楽しい遊びを発見しました。やまぶどうのつるで
ブランコです。最初は偶然、ヒメネズミが木の実を採ろうとして、
勢い余ってつるにぶら下がってしまったことから始まります。
つるがゆれてブランコみたい、とネズミは思います。それを
見ていたゴジュウカラ。ネズミといっしょにつるをもっと
ゆらします。つぎにエゾリス、最後にクマ。繰り返しと、
そのたびに少しづつ大きくなっていく動物。ブランコの勢いも
どんどん増していきます…。
 子どもたちの集団遊びの中でよくみられる光景ですね。
ひとりが何か面白そうなことをしていると(しかしまだそれは
あそびではない)二人目の子がそれをもう少し発展させ、3番目、
4番目の子がもっと発展させて、遊びとして確立していく過程は
人の進化をみるようです。

 ところで【ロジェ・カイヨワは、遊びを

1)アゴン(競争)、2)アレア(運)
3)ミミクリ(模擬)、4)イリンクス(めまい)

 に分け、それぞれに、単なる「遊戯」として、騒ぎ、はしゃぎから、
規則・様式・複雑さ・洗練などが整い「競技」性の度合いが強まる
までの幅で、分類】しています。そしてヨハン・ホイジンガ
(『ホモ・ルーデンス』)のいう「遊びの目的は行為そのものの
中にあり、それは緊張と歓びの感情を伴い、またこれは『日常生活』
とは『別のもの』をという意識に裏づけられていて」、
「人間活動が文化を生み出す根本の要因になっていること」を
明らかにしています。
 この絵本の「ブランコ」は、まさに4)イリンクス(めまい)
という遊びの本質を絵本に形象化しています。
 お話について言うと、繰り返しながら少しづつ拡大していくお話
というのは、お話の基本です。基本だからこその安定感と面白さ。
次に何が起こるか予想はある程度ついているものの、やっぱり
そうなった、というなぞなぞが解けた時みたいな嬉しさがあります。
お話が、絵本の骨格だとして、絵は血となり、肉となるものです。
この絵本の場合、「基本」という頑丈な骨格に、ふくよかな肉が付き、
血は勢いよく流れています。とてもバランスの良い絵本と言えるでしょう。

◎読み手の感想
 子どものころ、ブランコが大好きでした。休み時間になると
わき目もふらずに、ブランコまで走っていって、一番にブランコに
乗っていたのを思いだします。ブランコは人気の遊具で競争率も
高かったので、チャイムと同時に走るくらいでないと乗れなかった
んですね。
いったんブランコに乗ると、思い切りこぐ。近づいたり離れたり
する空と、風を切る音。
 その時は多分夢中で、空っぽになって、自由だったんだろうな、
と思います。ブランコってあんなに単純な遊具なのに、子どもたち
があんなに熱狂する気持ちが、大人になった今でもよくわかります。
 ブランコは一人で乗っても楽しいけど、友達と乗っても楽しい。
友達と乗る場合はスリルとスピードを楽しんでいました。この絵本
のようにたくさんの友達と乗ったことはありませんが、こんなに
たくさんの友達と乗るのはきっとものすごいスリルがあるでしょうね。
しかもブランコは山ぶどうのつる。山ぶどうのつるは弾力があって
丈夫ですが、さすがにクマのお母さんの重さには耐えられなかった
みたいですね。落ちてしまっても柔らかい森の土の上。たくさんの
こくわの実もいっしょに落ちてきました。楽しく遊んだ後に
おいしいものをいっぱい食べる。なんて幸せな一日なんだろう…
とため息がでてしまいます。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "10月号紹介"

このエントリーのトラックバックURL: 

"10月号紹介"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "10月号紹介"

"10月号紹介"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:10月号紹介」ページトップへ。