観察

 えほんおじさんです。


 日が暮れて、公園から子どもたちも帰ってしまい誰もいなくなると、「土くれ」たちが出てします。
そこでは「土くれ」たちは遊んだり、喫茶店で、「すなどーひ」を飲んで楽しんでいます。
そんな「土くれたち」は「心ある人が観察」しないと見えない存在なのですね。
(こどものとも 2019年8月号)

 他方、科学系の「めだかのおうち(ちいさなかがくのとも 2019年8月号)」も「観察」、
つまり「よくよく見ること」によっていろんなことがわかって楽しめる絵本です。

 そして幼児は、その両方を見ることができる、ほとんど奇跡的な時期です。
そんな時期を逃すことなく、楽しませてあげたいですね。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも 2019年8月号
「きっさ すなどーひー」尾崎玄一郎・尾崎由紀奈/作

◎作者紹介
尾崎玄一郎・尾崎由紀奈
(尾崎玄一郎 東京都生まれ、東京芸術大学大学院修士課程油画修了。現代美術、絵本制作、絵画教室講師)
2005年よりユニットOZCO.で絵本製作を始める。
絵本に「おしいれじいさん」「きしゃのゆ」「かばんばん」などがある。
(尾崎由紀奈 神奈川県生まれ、東京芸術大学大学院修士課程日本画修了)

◎ストーリー紹介
 ここは、ある公園。日が暮れて夜になると、土の中から何かがはいだしてきました。
これは土のかたまり、「つちくれ」です。つちくれたちの楽しみは、地面にあいた穴の中の階段を
下へ下へとくだった先にある、“きっさ すなどーひー”。
つちくれたちはここの名物“すなどーひー”を飲みながら、公園で見たことや聞いたことを
おしゃべりするのがだいすきです。“きっさすなどーひー”は砂場のすぐ下にあります。
天井からぽたぽたと落ちてくる、砂場にしみこんだ水、それがつちくれたちの大好きな、
「すなどーひー」になるのです。
 ところが、雨のふらない暑い日が何日もつづきました。あまりの暑さに子どもたちも公園で
水遊びをしません。砂場は乾くばかりで、「すなどーひー」は一滴も落ちてこなくなりました。
つちくれたちはみんなで集まって相談。ひとりのつちくれがいいことをおもいつきました…。

◎絵本の特徴
 「おしいれじいさん」でおなじみの、尾崎玄一郎さん・由紀奈さんが斬新な発想力と、
力強くユーモアあふれる線で描く新しい世界。今回の主人公はなんと土のかたまり、“つちくれ”です。
 尾崎さんが描かれる物語の主人公はいつもとてもユニークですね。重めの色使いなので
一見ちょっと不気味に見えたり、怖そうに見えたりしますが、よく見るとみんな愛嬌のある顔を
していて親しみやすいのも特徴です。
特に今回の“つちくれ”達は、とても可愛らしく描かれています。
“つちくれ”達は、すなばの地下にある、“きっさ すなどーひー”で飲む“すなどーひー”が大好物の様子。
奇想天外な主人公が過ごす、普通の日常。尾崎さんたちの絵本には一貫したテーマを感じます。
そして、その登場人物たちが住む世界にはちゃんと地図があるのでしょう。
画面を超えたところにも広がっている世界を感じることができます。
子どもたちは、きっと画面の隅々から、土くれたちの日常の息遣いを感じ、
自分たちも土くれの仲間になったような気持ちで楽しめることと思います。

◎子どもの反応
 表紙を見たとたんに“面白そう!”と思ったのか、すぐに読んで読んで、と言ってきました。
読みながらいろんなことを想像しているのか、画面に見入っていました。
花火のあとのバケツの水をすなどーひーにつかおうとするところでは、「花火のあとの水はやめとけ」と、
土くれたちの心配をしていました。

◎読み手の感想 
 「おしいれじいさん」、「きしゃのゆ」ときて、今回の「きっさすなどーひー」。
何度も言いますが、尾崎さんたちの発想はほんとにユニークです。そのユニークな
発想を絵本にしたときに、きちんとした画力と語る力がないと、発想力だけの絵本になってしまいます。
発想力だけの絵本は世の中にごまんとあり、そのほとんどがとるに足りない絵本になってしまっている
のが現状でしょう。
尾崎さんの場合は、画力も語る力も申し分なくあるので、きっと面白い作品に仕上がるのでしょうね。
姿かたちは違っても、食べるものは違っても、人の日常と似た日常を過ごしている登場人物たちには
親近感がわきます。豊かな表情や、細部までこだわって描かれたデティールにわくわくするのは
きっと私だけではないと思います。

◆ちいさなかがくのとも 2019年8月号
「めだかのおうち」 ほりかわりまこ/さく

◎作者紹介
 東京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。
絵本に「おっぱい どーこ?」「しもばしら しゃく しゃく」「ちょっと みせてくださいな」
「ぱんぱん あーん」「よるの おきゃくさま」「あーと いってよ あー」「びっくり まつぼっくり」
「もりのとんとんバンド」「こんにちは わたし」「ぼくアーサー」がある。

◎ストーリー紹介
 おじいちゃんの家にきました。おじいちゃんはめだかをたくさんかっています。
「わたしもめだかかいたいなあ」と、いうと「じゃあなんびきかあげようか」と、おじいちゃん。
バケツにたくさんのお水とめだかをいれて、めだかのお引越しです。
おうちの水槽にお引越ししためだかさん。住み心地はどうですか?

◎絵本の特徴
 今月8月号のちいさなかがくのともは、メダカを飼うお話です。
白い表紙にゆうゆうと泳ぐ3匹のメダカ。タイトルの文字が、水の波紋で揺らいでいるのがユニーク。
見た目にも涼しさを感じる表紙は、暑い夏に読む絵本にぴったりですね。
身近にいそうで、実はあまりいないメダカ。水生動物を扱っているお店なんかではよく売られているのを
見ますが、野生のメダカはあまり見たことが無いという方も多いのではないでしょうか。
メダカに似た魚がたくさんいるので、実はメダカだと思っていた魚がメダカではなかった
なんてこともよくあるみたいです。意外と知らないメダカの話は別紙のおりこみふろくの
2ページのほうに詳しく書かれていますので、そちらもぜひ読んでみてください。
 作者のほりかわさんはメダカを飼っていて、最初5匹だったメダカを何と2千匹まで増やした
という素晴らしい腕前(?)の持ち主。描き方にはメダカに対する並々ならぬ愛情を感じます。
シンプルながらも的確な線や陰影の柔らかさ、丸っこいフォルムに安心感を覚えます。
この絵本を読むと、“メダカってこんなにかわいいんだ”と思うこどもたちも多いはず。
メダカの飼い方も絵本を読めばわかるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

◎子どもの反応
 めだかについて知っていることをいろいろ話しながら読みました。

◎読み手の感想
 この絵本に出てくるおじいちゃんのように、メダカを玄関先でたくさん飼っている人を
少なくとも二人知ってます。メダカって飼い始めるとハマるみたいで、毎年たくさんの卵を
孵してさらに増やしていくらしいです。家の中の水槽よりも外で甕みたいなもので飼うほうが
飼いやすいんだと、そのうちの一人の方が教えてくれましたが、それだと毎日部屋の中で眺めて
過ごせないのでちょっと寂しい気がします。我が家ではメダカではなくて、川で捕ってきたフナとか、
ドジョウなんかを水槽で飼っています。
地味な色味ですが、なかなか味があっていいものです。
 話は変わりますが、堀川さんの描く子どもたちは何とも言えない量感があって好きです。
メダカも子どもたちを描くような量感で描かれているのが素敵だなあと思いました。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "観察"

このエントリーのトラックバックURL: 

"観察"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "観察"

"観察"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:観察」ページトップへ。