自然と人間

 えほんおじさんです。


 大げさに言えば、今月の「こどものとも年少版」と「かがくのとも」は、
自然に対する人間のコントロールの問題です。
人間は幼い頃から、動植物と触れ合い自然とともにどのように生きていくかを学びます。
年少版の「かばくん」は落ちてきた(小鳥がその植物の要請に従って蒔いている)種を、
愛着を込めて育てていきます。人間が有用な植物と出会ったのもこのようでなかったでしょうか。
こうして自分のテリトリーの中に取り込んだ(庭に植物を植えること)はずですが、
植物の生命力はおいそれと人間にコントロールされません。2、3年も放置すると、
かつての我が家の庭のように「ジャングル」と化します。
更地でさえ「雑草のくらし あき地の五年間」のようになります。
ましてそこに「木」があったりすると、「ジャングル」のようになります。
でも、人間はそれでも何とかコントロールしようとして、専門職を生み出します。
それが「うえきやさんにおまかせを!」ということになるのですね。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも年少版 2019年8月号
「かばくんとたね」菊池 日出夫/作

◎作者紹介
 菊池日出夫 1949年長野県生まれ。絵本画家。
東京デザインカレッジに入学するが、廃校となり、以後、独学で絵画を学ぶ。
以下の絵本作品がある。
のらっこの絵本シリーズ『いねかりやすみ』『さんねんごい』『はるまつり』『ゆきがっせん』
「むかし 日本狼がいた」「江戸っ子さんきちと子トキ」「たぬきのおやき」
『ヤマのうた』童心社、『やまばと』童心社『おどる牛』川重茂子/作 文研出版
『コイ・フナの絵本』高見澤今朝雄 農山漁村文化協会
 『こだぬきのおんがえし』長谷川摂子 文 岩波書店
 『カキの絵本』まつむらひろゆき 農山漁村文化協会
 『ニワトリの絵本』やまがみよしひさ 農山漁村文化協会
「まなつのかわ」「みんなで しいたけづくり」「たからもん」「はと」「みんなで うどんづくり」
「はっけよい」「ほたるさわ」「みんなで こんにゃくづくり」「もりのスケート」
「みんなで もちつき」「ラッキー」「みんなで いねかり」「みんなで たうえ」「かぶともり」
「ゆきあそび」「のらっこ」

◎ストーリー紹介
 かばくんが土遊びをしていると、小鳥がやってきて、ぽとん、となにかをおとしました。
よくみると、種のようです。かばくんは、じぶんでつくった土の山に植えてみることにしました。
かばくんは、毎日種にはなしかけたり、水をやったり。それから何日かたつと…。

◎絵本の特徴
 「のらっこ」のシリーズでおなじみの菊池日出夫さんの作品です。
表紙は、主人公のかばくんがこっちを向いて仁王立ちしています。
ずんぐりとしたからだつきと、意思の強そうな目。でもどこかとぼけた感じもあり、
なんとも親しみの持てる風情です。子どもたちは、きっとすぐにかばくんとの親近感を抱き、
一緒に絵本の中に入っていくことと思います。
さて、かばくんは、小鳥の落とした種を一生懸命に育てます。何の種かはわかりません。
読んでもらっている子どもたちも、いろんな想像をしながら、予想を立てていますね。
どんな花が咲くのかな…かばくんと一緒にわくわくしていることでしょう。
最後のシーンの、画面からはみだしそうな大輪のヒマワリはその期待を裏切らないインパクトです。
子どもたちの笑顔もヒマワリのように大きく咲くといいな、と思います。


◎子どもの反応 
 いろんな園の2、3歳児に読んで見ました。この年齢のやかましい子達が、黙って聞いていました。
物語絵本への入り口となる絵本だと思います。

◎読み手の感想
 菊池さんの素朴な線。長い間絵本を描かれてきた菊池さんは、ずっと変わらない線を描かれています。
奇をてらわない、素直さと実直さをいつもその線に感じます。
わかりやすくかわいい絵本ではないので、みんなが飛びつくような絵本ではないのですが、
後々まで記憶に残るタイプの絵本だと思います。
 特に「のらっこ」のシリーズは、おそらく菊池さんの経験を絵本にされているのだろうと思いますが、
とてもリアルな追体験ができ、私も子どものころに読んで以来ずっと心に残っています。
現代の日本ではもう失われてしまった風景や、子ども同士のやりとり…。
それを懐かしんで描くのではなく、今そこにあるものとして描くことのできる稀有な作家さんですね。
この絵本は、そう言った「のらっこ」の世界を背景に持ちながら、かばの子が拾った種を愛情込めて
育てる姿、それを見守る家族の様子が、素朴に温かく描かれています。


◆かがくのとも 2019年8月号
「うえきやさんに おまかせを!」 村井 健也/文 植垣 歩子/絵

・作者紹介
 村井健也 1978年、東京都うまれ。和光大学芸術学科卒。卒業後に植木屋になる。初めての作品。

・画家紹介
 植垣歩子 1978年、神奈川県生まれ。
 絵本に「にんじんだいこんごぼう」「わらしべちょうじゃ」「あずきの あんちゃん ずんちゃん きんちゃん」
 「どろん ばあ」「ふしぎな ふえ」「どーっちだ?」「ざりがにさん と さわがにさん」「ひげじいさん」など。

◎ストーリー紹介
 庭の草や木がのびてしまうと…たいへん。落ち葉で雨どいがつまる、ツタが窓を覆う、
地面は雑草でぼうぼう、庭が暗くなる、どろぼうが入りやすくなる、やぶ蚊が増える…などなど
いろんなことがおこるよ。でもそんなとき、植木屋さんにおまかせを! 夏の朝、トラックに
道具をたくさん積んで、植木屋さんがやってきた。植木屋さんは足袋でササッと木や屋根に登ったり、
ハサミやノコギリなど様々な道具を使いこなしたりしてどんどん庭をきれいにしていくよ。

◎絵本の特徴
 夏の庭。ちょっと放っておくと草が茂って鬱蒼としてきます。その草たちの生命力には感心する
ばかりですが、我が家の庭のはずなのに、もうそこは足を踏み入れるのがちょっと怖い未知の領域に…、
という経験をされたことのある方はきっと少なくないはず。でも、そんな時には、植木屋さんにお任せを。
やはりプロの技、色々な道具を使って、スイスイと庭をきれいにしていってくれます。
庭の草刈りくらいはできても、大きくなりすぎてしまった木の剪定は素人がやるにはなかなか危険です。
特にこの絵本に出てくるようなおばあちゃんがおひとりで住んでいるような場合は、きっと無理でしょう。
植木屋さんは、そんな危険を伴うような作業もお手の物。高いところにもひょいひょいのぼっていきます。
絵本では、植木屋さんの一日に密着しているので、そのお仕事っぷりを間近で見ているような気分です。
 柔らかいタッチですが、的確な描写力をもって描かれた絵からは、植木屋さんのお仕事のリアルさと
楽しさが伝わってきます。絵本の冒頭では、緑に埋もれてしまいそうになっていた庭や家が、
すっきりときれいによみがえっていく姿はとても気持ちがよく、読んでいるうちに晴れやかな
気分になります。世の中にはいろいろなお仕事があって、そのお仕事一つ一つに素晴らしさが
あるのだということを知るきっかけの一つにもなるかもしれませんね。

◎こどもの反応
 興味深そうに聞いていました。いろんな道具についてあれこれ聞いてきました。

◎読み手の感想
 結婚する前の我が家の庭は、この絵本に出てくるおばあちゃんのお家の庭みたいでした。
私はまだ両親と同居していませんでしたが、帰郷するたびにジャングルのようになっていく庭を眺めて、
自然の脅威におののいたものです。(だからといって草刈りすらしませんでしたが)もうそこは
人の領域ではなくて、色々な生き物や魔が潜む境界…。安易に立ち入ってはいけない…。
と、思うくらいにすごい状態でした。両親も忙しく仕事していたので、庭どころではなかったのでしょう。
結婚し、両親と同居するるようになり、家をリフォームしたりする中で庭のことをずいぶんと夫が
手入れしてくれたおかげで、今は人間の領域としての庭が確立しております。なんと、子どもたちが
遊べるくらいの安心感!我が家は植木屋さんにお願いすることなく、なんとかその状態になりましたが、
植木屋さんにお願いするというのはとてもいいですね。この絵本の植木屋さんの仕事っぷりには
ほれぼれしてしまいます。しかも植木屋さんのお仕事スタイルってかっこいいですよね。
友人が一人植木屋さんになりましたが、本当にこの絵本のような服装をしていて、会うたびに
素敵だなあ、と思っていたことを思い出します。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "自然と人間"

このエントリーのトラックバックURL: 

"自然と人間"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "自然と人間"

"自然と人間"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:自然と人間」ページトップへ。