2019年10月号その2

 えほんおじさんです。


 改めて物や事に注目すること。
それは赤ちゃんであれ誰であれ、その人を新しい場へ連れて行ってくれます。

「くーちゃんの くった こどものとも0.1.2. 2019年10月号」のように、
気になって気になって引っ張っていると「ぽーん」と脱げてしまったというようなことでも、
それは「改めて注目する」ことと同じです。
そのことによって、いろんな動物の生態の知らない場面が見えてきて、再び自分が履いた時には、
赤ちゃんにとって新しい世界が見えてくるのでした。

 一方、「かがくのとも 10月号 こけをみつけたよ」では、
庭にあるたくさんの木や草とは違った緑のものにふと気がつくと、
それがちいさいけれどずっと広がっていることに気づきます。
それはコケで、コケには根っこがないからベリッと剥がれ、その感触も面白い。
そして歩道の脇や塀、町中でも見られます。コケは土のない場所でも金属の上にも
生えることが出来るし、水がなくても乾燥したまま休眠して生きていられるらしい。
こうしてコケは私たちに植物の世界をさらに広げてくれ、その魅力によって
「生き物」の多様な生き方を教えてくれます。


 それでは、今日もごゆっくりお楽しみください。

◆こどものとも0.1.2. 2019年10月号
「くーちゃんの くった」山田ゆみ子/作


◎作者紹介
 山田ゆみ子 1948年、新潟県生まれ。東京学芸大学美術科卒。
絵本作品に「かみっこさん」「きょうのさんぽは そらあるき」「まっかだね」
「ゆうちゃんの たこやきパーティー」「おおきいかめ ちいさいかめ」
「いちばのどじょう」「ちいさな か」「おでんおんせん」「おふね」がある。

◎ストーリー紹介
「くーちゃんの くった くつした くった ぽーんとぬげた」
「くーちゃんの くった くつした くった ねずみさん はいた ぶっかぶっかぶっか」
「ぽーん あれれ ぬげちゃった」

今度は くまさん、次にはぶたさん
「くーちゃんの くった くつした くった」

◎絵本の特徴
 リズムの良い文章と、親しみやすい柔らかな絵に思わずにっこり。
子育て中のお母さんや、保育園の先生ならきっと経験のある
“赤ちゃんが靴下をすぐ脱いでしまう問題”を楽しく描いた絵本です。
脱いでしまったくつしたは“ぽーん!”とどこかへ。一体どこに行ってしまうのかな?
 と思っていると、次の画面にはねずみさん。ねずみさんにとってくーちゃんのくつしたは
ぶかぶかです。そしてぽーん! つぎにでてきたのはくまさん。
くまさんにはくつしたは「きゅう きゅう」です。くつした伸びてしまわないかしら?
 と大人ならちょっとハラハラしてしまうかもしれませんね。次にでてきたぶたさんは、
くつしたをどろんこに…!!

 でも安心してください。次にでてくるあらいぐまさんが、くつしたをきれいにしてくれます。
身近な出来事が、こんな壮大な物語の入り口になっているなんてびっくりですね。
そして、赤ちゃんがどこかでぬいでしまってなくなった、かたっぽだけのくつしたから、
あなただけの物語が紡がれるかもしれません。想像力を刺激する、懐の深い絵本です。

◎こどもの反応
 1歳児クラスで「くーちゃんの くった くつした くった ぽーんとぬげた」
「くーちゃんの くった くつした くった ねずみさん はいた ぶっかぶっかぶっか」
といきなり読んでやると、子どもたちの目はみんな自分の靴下にいきます。

◎読み手の感想
 わが子が赤ちゃんの頃、靴下のことをこの絵本と同じに「くった」と呼んでいたのを思い出しました。
わが子は二人とも靴下が嫌いで、いつの間にか脱いでしまって、どこかへ。友人や知人に頂いた、
とても可愛らしい靴下も中にはあったのですが、いつの間にかかたっぽだけになっている。
あーあ、残念…とよく思っていましたが、考え方を変えたらよかったなと、この絵本を読みながら思いました。
きっとかたっぽだけになった“くった”は思いもよらない奇想天外な物語の主人公になったんだ、
と考えればよかった。そして、くーちゃんのはいていた赤い靴下がめぐりめぐっていつか戻ってくる
かもしれない…と。そのほうが、断然面白いですものね。
やはり生活を豊かにするのは物語の力が必要不可欠だな、と、この絵本を読んで思いました。
歌のようなリズミカルな文章と、靴下が脱げて飛んでいく時の「ぽーん」の音が赤ちゃんを魅了。


◆かがくのとも 2019年10月号
「こけをみつけたよ」今津奈鶴子/作 上野健/監修


◎作者紹介
・作者 今津奈鶴子 油彩画家。2009年、武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース修了。
主な出版物に「図鑑NEOきのこ」などがある。

・監修者 上野健 苔学者。2002年、総合研究大学院大学数物科学研究科極域科学専攻を修了。
苔の生態を専門に研究。

◎ストーリー紹介
 庭には、たくさんの木や草がはえています。じめんの上をよく見ると、緑色のちいさなものが広がっています。
しゃがんでよく見てみましょう。
「…こけです。こけはとても小さいけれど、木や草とおなじ植物です。でも、違うところもあります。
 さあ、こけのことをもっとくわしく見てみましょう。

◎絵本の特徴
 コケをテーマにした絵本はとても珍しいと言えるでしょう。
大人の間では、ちょっと前にブームにもなりましたね。
コケ玉を作るワークショップなんかがいろんなところで開催されていたりしました。
コケは草や木と同じ植物ですが、その生態は草や木と全然違うところがあります。
コケには根っこがないなど知れば知るほど興味深い植物です。
手触りはふかふかすべすべしていて、ずっと触っていたくなる気持ちよさ。
ひっぱるとぺりっとはがれるようにとれるので、その感触も面白い。
歩道の脇や塀、町中でも見られるコケは見過ごされがちですが、生命力がとても強い植物です。
だから住宅街でも見ることができますし、土のない場所でも金属の上にも生えることが出来るし、
水がなくても乾燥したまま休眠して生きていられます。散歩がてら探してみてください。

 絵本の作者は今津奈鶴子さん。一貫してコケの絵を描いている画家さんです。
コケの魅力を知り尽くした画家さんだからこそ描くことのできるコケの世界が、
絵本に奥行きを与えています。どの画面でもコケ以外の情報量は極力減らして、
自然に画面の隅々に描かれたコケに注目が集まるように描かれています。
全体として見るコケの印象と、拡大してみるコケの印象の違いの描き分けも見事です。
この一冊でコケに興味を持つ子どもたちがきっと増えることでしょう。

◎こどもの反応
 子どもたちはおそらくあまり注意を払っていなかったのでしょう。
この絵本のように新ためて目の前に見せてあげると、その生態の面白さに
黙って見入ってしまいました。

◎読み手の感想
 子どものころ、今は亡き祖父が山のどこかからとってきたコケを庭の岩に移植している
のを見かけることがありました。多分祖父は、コケを愛していたのだろうと思います。
一種類のコケだけではなく何種類かのコケを寄せ植えのようにして少しづつ色を変化させていました。
岩の上は美しい絨毯のようで、うっとりと眺めていたような記憶があります。
大人になってから知ったのですが、コケの移植はとても難しいのだそうです。
環境に合わないと根付かないし、こまめに手入れもしなければならないとか。
そういえば祖父が亡くなってからすぐに、その岩は別のつる草に覆われて、コケはどこにいったのやら。
祖父は口数の少ないひとでしたが、庭仕事のとても上手な人でした。コケの絵本を読みながら、
そんな祖父のことを思い出しました。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "2019年10月号その2"

このエントリーのトラックバックURL: 

"2019年10月号その2"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "2019年10月号その2"

"2019年10月号その2"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:2019年10月号その2」ページトップへ。