青い鳥文庫など


 Oさまからいただいた、少々前の質問です。


●質問

こんにちは。お元気ですか?

あっという間に2009年も過ぎ去り、
今年もすでに1/3近くが過ぎていると思うと
本当に毎日があっという間です。
そんなにばたばたしているつもりではないのですが。

 今日は娘の本に関して相談がありメールをさせていただきました。
本を購入していないのに質問など心苦しいのですが、もしお時間が
あれば教えていただけますでしょうか?

4月から3年生、早生まれなので8歳1ヶ月です。ここ数ヶ月の
読書量は目を見張る物があります。
「魔女の宅急便」を全巻読んだ頃から勢いがついたようで、
私もせっせと図書館に通いスタッフにお勧めを聞き、
借りて・・少し読み聞かせ後は彼女のお任せする日々です。
秋から読んだ本は以下の通りです。
(もちろん学校の図書室でも色々借りて
 読んでいるようですが、こちらはまったく
 把握できていません。先生がブックトークで
 お勧めしてくれた本や絵本は必ず借りているようです)

「魔女の宅急便」
「内科・オバケ科・ホオズキ医院 オバケだったカゼを引く」
その他全5巻(富安陽子)

1冊2時間もかからず読みました

「やりぬく女の子ソフィーの話」(ディック・キング=スミス)
全6巻

 あっというまに読みました。
楽しくて仕方なかったようです。
その他ディック・キング=スミスの作品も何冊か読みました
(魔法のスリッパ、子ぶたシープドッグ、野うさぎは魔法使い、
 かしこいブタのロリポップ)

「魔女学校の一年生」(ジル・マーフィー)全4冊 

「やかまし村のこどもたち」「やかまし村はいつもにぎやか」
「やかまし村の春夏秋冬」
「おもしろ荘のこどもたち」「川のほとりのおもしろ荘」

岡田淳の
「びりっかすの神様」
「放課後の時間割」
「学校うさぎをつかまえろ」

 北極のムーシカミーシカ、ちびドラゴンのおくりもの、
くまの子ウーフ、この辺はあっというまに読んでしまいます。

そして今は「ルドルフとイッパイアッテナ」と
「トガリ山のぼうけん」を勧めてみたところです。

娘はどちらを読み始めるでしょうね。
全て図書館のスタッフが教えてくれたものです。
それ以外にも「がんばれヘンリーくん」シリーズ、
「世界でいちばんかしこいハムスターフレディー」
なども教えてもらいました。

どうしても好きになれず読み続けなかったのが
「大どろぼうのホッツエンプロッツ」でした。
私は何度も読んで記憶があるんですけどね。


他にもお勧めがあれば教えて下さい。
ちょうど春休みに入りますのでさらに没頭すると思います。
漫画にDSゲームにテレビ、楽しいことは他にも沢山ありますが
バランスが取れているなと思うこの頃です。

 そこで質問なのですが・・・講談社から「青い鳥の文庫」
が出ていますよね?
これは簡略されたものなのでしょうか?
読みやすくなっているものが良いのか悪いのか・・
分からず困っています。

たとえばNHK教育番組のアニメで放送されたいた
「獣の奏者」(上橋菜穂子)、
「誰も知らない小さな国」「赤毛のアン」
「窓際のトットちゃん」「霧のむこうの不思議な町」
・・娘が現在興味を持っている本です。

 実際の本と青い鳥文庫だと何が違うのでしょうか・・・?
急いで難しいものが簡略化された物を与えるのではなく、
年齢相応にオリジナルを渡す方がいいと思っているのですが
いかがでしょうか?

6年生の姪は本好きなのですが、持っている本は殆どが
青い鳥文庫でした。
黒魔女さんが通る、若おかみは小学生、パスワード、
○○事件、○○探偵、○○少女・・・そんな本ばかりで、
実際にどうなのかなと疑問もあります。
スリル、ハプニング満載、ドタバタなストーリー展開
ばかりで・・たまにはいいけど、全てがそれも
どうなんでしょうかね・・。

(富安陽子さん、ダール、グリーン・ノウなどを
 プレゼントしましたがイマイチだったみたいです)

 ちなみに1歳半になった息子くんも絵本が大好きです。
娘と比べると集中力はまだまだですが、最近の
お気に入りは「もこもこもこ」(暗記しています)
「いちご」(苗を育てています。毎朝イチゴの様子を見ています)
「おにぎり」「くだもの」
(そうです、息子はかなりの食いしん坊です)、
「だるまさんが・・」シリーズ、かがくいひろしさんの本、
「きんぎょがにげた」この辺が激しくリピートされています。

いちごが大好きなので「いちご」の本はものすごい集中力です。
結構長いですけどね。


長くなりましたがこんな感じで本、絵本があふれています。
私も色々読むようになりました。 児童書、楽しいですね。


●追記メール

 先日、6年生を送る会・・で「走れメロス」の朗読が
あったそうです。
「すごく感動した。涙が出た!」と絶賛の娘。
ぜひとも本がほしいと言われたのですが、
これまた沢山出ていて何がいいのか分かりません・・・。
お勧めを教えていただければうれしいです。
よろしくお願いします。

その他「モチモチの木」「はなさきやま」の朗読や
劇もあったそうで、早速借りていました。


 Oさまからいただいた、少々前の質問です。


●質問

こんにちは。お元気ですか?

あっという間に2009年も過ぎ去り、
今年もすでに1/3近くが過ぎていると思うと
本当に毎日があっという間です。
そんなにばたばたしているつもりではないのですが。

 今日は娘の本に関して相談がありメールをさせていただきました。
本を購入していないのに質問など心苦しいのですが、もしお時間が
あれば教えていただけますでしょうか?

4月から3年生、早生まれなので8歳1ヶ月です。ここ数ヶ月の
読書量は目を見張る物があります。
「魔女の宅急便」を全巻読んだ頃から勢いがついたようで、
私もせっせと図書館に通いスタッフにお勧めを聞き、
借りて・・少し読み聞かせ後は彼女のお任せする日々です。
秋から読んだ本は以下の通りです。
(もちろん学校の図書室でも色々借りて
 読んでいるようですが、こちらはまったく
 把握できていません。先生がブックトークで
 お勧めしてくれた本や絵本は必ず借りているようです)

「魔女の宅急便」
「内科・オバケ科・ホオズキ医院 オバケだったカゼを引く」
その他全5巻(富安陽子)

1冊2時間もかからず読みました

「やりぬく女の子ソフィーの話」(ディック・キング=スミス)
全6巻

 あっというまに読みました。
楽しくて仕方なかったようです。
その他ディック・キング=スミスの作品も何冊か読みました
(魔法のスリッパ、子ぶたシープドッグ、野うさぎは魔法使い、
 かしこいブタのロリポップ)

「魔女学校の一年生」(ジル・マーフィー)全4冊 

「やかまし村のこどもたち」「やかまし村はいつもにぎやか」
「やかまし村の春夏秋冬」
「おもしろ荘のこどもたち」「川のほとりのおもしろ荘」

岡田淳の
「びりっかすの神様」
「放課後の時間割」
「学校うさぎをつかまえろ」

 北極のムーシカミーシカ、ちびドラゴンのおくりもの、
くまの子ウーフ、この辺はあっというまに読んでしまいます。

そして今は「ルドルフとイッパイアッテナ」と
「トガリ山のぼうけん」を勧めてみたところです。

娘はどちらを読み始めるでしょうね。
全て図書館のスタッフが教えてくれたものです。
それ以外にも「がんばれヘンリーくん」シリーズ、
「世界でいちばんかしこいハムスターフレディー」
なども教えてもらいました。

どうしても好きになれず読み続けなかったのが
「大どろぼうのホッツエンプロッツ」でした。
私は何度も読んで記憶があるんですけどね。


他にもお勧めがあれば教えて下さい。
ちょうど春休みに入りますのでさらに没頭すると思います。
漫画にDSゲームにテレビ、楽しいことは他にも沢山ありますが
バランスが取れているなと思うこの頃です。

 そこで質問なのですが・・・講談社から「青い鳥の文庫」
が出ていますよね?
これは簡略されたものなのでしょうか?
読みやすくなっているものが良いのか悪いのか・・
分からず困っています。

たとえばNHK教育番組のアニメで放送されたいた
「獣の奏者」(上橋菜穂子)、
「誰も知らない小さな国」「赤毛のアン」
「窓際のトットちゃん」「霧のむこうの不思議な町」
・・娘が現在興味を持っている本です。

 実際の本と青い鳥文庫だと何が違うのでしょうか・・・?
急いで難しいものが簡略化された物を与えるのではなく、
年齢相応にオリジナルを渡す方がいいと思っているのですが
いかがでしょうか?

6年生の姪は本好きなのですが、持っている本は殆どが
青い鳥文庫でした。
黒魔女さんが通る、若おかみは小学生、パスワード、
○○事件、○○探偵、○○少女・・・そんな本ばかりで、
実際にどうなのかなと疑問もあります。
スリル、ハプニング満載、ドタバタなストーリー展開
ばかりで・・たまにはいいけど、全てがそれも
どうなんでしょうかね・・。

(富安陽子さん、ダール、グリーン・ノウなどを
 プレゼントしましたがイマイチだったみたいです)

 ちなみに1歳半になった息子くんも絵本が大好きです。
娘と比べると集中力はまだまだですが、最近の
お気に入りは「もこもこもこ」(暗記しています)
「いちご」(苗を育てています。毎朝イチゴの様子を見ています)
「おにぎり」「くだもの」
(そうです、息子はかなりの食いしん坊です)、
「だるまさんが・・」シリーズ、かがくいひろしさんの本、
「きんぎょがにげた」この辺が激しくリピートされています。

いちごが大好きなので「いちご」の本はものすごい集中力です。
結構長いですけどね。


長くなりましたがこんな感じで本、絵本があふれています。
私も色々読むようになりました。 児童書、楽しいですね。


●追記メール

 先日、6年生を送る会・・で「走れメロス」の朗読が
あったそうです。
「すごく感動した。涙が出た!」と絶賛の娘。
ぜひとも本がほしいと言われたのですが、
これまた沢山出ていて何がいいのか分かりません・・・。
お勧めを教えていただければうれしいです。
よろしくお願いします。

その他「モチモチの木」「はなさきやま」の朗読や
劇もあったそうで、早速借りていました。




知っていましたか?日本の絵本の90%はホンモノではないんです。
えほんおじさん アメリカのNASAが教育に取り入れた絵本を知っていますか?
絵本1冊を描くのにかかる年数は?

絵本の読み聞かせ暦30年。
絵本の知識は日本屈指のえほんおじさんだからこそ選べる1冊を あなたにお届けします。
何か質問がありましたら、ご遠慮なくどうぞ!

質問!
FAXでのご注文お支払い方法

◆FAX:086-281-6857
FAXは、これをプリントアウトしてくださいね。


郵便代引、金融機関へ振り込み、クレジットカードの3種類からお選びいただけます。

    メリットデメリット
郵便代引・到着が早い
・銀行に行くなどの手間がかからない
・手数料が250円かかる
・1冊だと、時間指定ができない
金融機関へ入金・手数料が安い・振り込み確認後の発送なので、多少遅くなる(※1)
・金融機関へ行く必要がある(※1)
クレジットカード・手間がかからない・カード会社様に確認後の発送なので、多少遅くなる
※1 ネットで決済の場合、これらのデメリットはなくなる上、手数料も安い場合が多いので、特にお勧め!です。

お客様がEバンク銀行の口座を持っていらっしゃる場合、手数料は無料ですよ!

返品交換配送について
全国一律250円(税込)
配送先一ヶ所につき2,500円以上ご注文いただいた場合、
送料は無料です!
◆万一商品が破損・汚損していた場合商品の配達後10日以内にメール、もしくはFAXにてご連絡ください。この場合の送料は当社で負担いたします。
質問プライバシーの保護
質問! ◆「えほんのくに きび」では、お客様の個人情報であるお名前、ご住所、お電話番号等をいっさい外部にもらすことはございません。プレゼント等に関しても同様ですので、安心して応募してくださいね。

Trackback on "青い鳥文庫など"

このエントリーのトラックバックURL: 

"青い鳥文庫など"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "青い鳥文庫など"

"青い鳥文庫など"へのコメントはまだありません。

コメントする

コメントする
(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •  

Copyright 2004-2007 えほんのくに きび 「えほんおじさんのぶろぐ:青い鳥文庫など」ページトップへ。